記事一覧

幻影異聞録♯FE encoreやりました【コマンドRPGでありながら爽快感のあるバトルと育成システム】

任天堂のファイアーエムブレムとアトラスが夢のコラボをしたRPG、幻影異聞録♯FE encoreです(税抜き6700円 switch)知ってる人は少ないかもしれませんが、もとは2015年にWiiUで出た幻影異聞録♯FEで、それを2019年にswitchで追加要素を少し追加してリメイクしたのが本作encoreです。追加要素は新規コスチュームやセッション出来るキャラの増加、新規ストーリーに新規楽曲。色々ありますが、そこまでボリュームのある追加要素はなく、...

続きを読む

Dusk Diver 酉閃町やりました【キャラゲーとしての完成度はかなり高い台湾製アクションゲーム】

2019年に台湾のゲーム開発会社JFI Gamesからsteamでアーリーアクセス、その半年後switchとPS4で発売した絆と連撃のACT、Dusk Diver 酉閃町です。(税抜き3900円)元々なのかそれとも寄せて来てくれてるのか、かなり日本人向けにデザインされたゲームなので触れやすいゲームでしたね・メインシナリオ神が住む崑崙界、魔物が住む厄禍界。そして人間界であり何故かこの二つの異世界とよく繋がる魔の町、西門町人間界の次元が混濁して西...

続きを読む

アライアンス・アライブHDやりました【中毒性のある時間泥棒な正統派RPG】

フリューが3DSで2017年に発売したアライアンスアライブのHDリマスターです。(税抜き6280円 PS4&switch)過去作の微妙な出来から一転、完成度が高く手堅い古き良き雰囲気のRPGとして評価を受けていた作品のリマスターです。switchとPS4の違いは、PS4ではトロフィー機能がある……くらいですかね・メインシナリオ千年前、秩序を重んじる種族である魔族が人間たちの世界へ侵攻し人間たちは魔族に支配されてしまいます。魔族は人間界に大...

続きを読む

龍が如く7やりました【大胆なRPGへのゲームシステム変更がまさかの大成功】

セガの龍が如くスタジオからの人気シリーズ龍が如く最新作、龍が如く7 光と闇の行方です。(税抜き8390円 PS4)シリーズ御馴染みの主人公、桐生一馬の物語は前作6で幕を閉じ本作から新主人公春日一番なるよく分からないパーマ男に世代交代された龍が如く。なんとジャンルがアクションゲームからドラマティックRPGになるという二つの大きな変化をしつつやってきました。PS2の時代から長らく続いてきたシリーズなだけあって簡単に変...

続きを読む

ファタモルガーナの館やりました【天国と地獄のシャトルラン】

インディーゲームサークル、ノベクタクルからPCや3DS、PSvita、PS4で出たビジュアルノベルゲーム。ファタモルガーナの館です。税抜き6900円(PS4) DL版税抜き6400(PS4)私がプレイしたのはPS4版で、こちらには本編の他に別作品として出た外伝シナリオや、PSvitaで追加されたその後を描くボイス付の現代編が一つに。そしてPS4では本編のイベントスチルなどがリメイクされているとのこと。更にはwebや誌面で描かれたイラストやショー...

続きを読む