記事一覧

ラングリッサー リインカーネーション -転生-やりました【SRPGとしての水準を何一つ満たしていないゲーム】

81JnQRKVuqLSX342.jpg

エクストリームから3DSで発売されたSRPG、ラングリッサー リインカーネーション -転生-です
(税抜 5,537円)






初ラングリッサーですが、これ以外のラングリッサーはちゃんと面白いという事は理解してレビューしていきます

シリーズ全部こんなんなわけないだろ!!!!!!!!!!!
ないよね……?




・メインストーリー
帝国に対する反抗軍である光輝(ひかり)、なんかよく分からない闇、一部が大悪人だけどそれ以外はそうでもない帝国の三つ巴の勢力が争う世界での物語です。

なんか突然聖剣ラングリッサーをそこらへんで拾った主人公はこれら三つの勢力どれかに付くか、それともどこにもつかずフラフラするかを選ぶ事が出来ます

面白そうな話に見えますが、実際はそれぞれの勢力に関する説明はほぼ無し、何処かしらの勢力に付いたにも関わらず主人公は終始過去に行き別れた妹の事にしか興味が無く、なんで自分たちが戦っているのか分からないまま進んでいきます。

とにかく圧倒的に描写不足というのが本作のストーリー。
章が進むたびに当然戦闘が発生するのですが、戦闘に至る経緯は勿論、主人公たちの目的や方針に関しての説明が章はじめの短いモノローグだけで淡々と説明してくるという前代未聞な物語進行。プレイヤーは置いてけぼりです。

この所為でプレイヤーはストーリーに関してはwikiを流し見した程度の情報しか得ることが出来ません。
会話シーンもあるのですが、ほぼADV形式だけなので今何が起こってるのかも分かりにくい。
イベントなんかも一切の演出を排除して文字と台詞だけで済ますので中々話に付いていくのが大変でした

とにかく最後まで「いつのまにそういう話になったの……?」という疑問が付きません。どのルートをクリアしても物語の全容がつかめませんでした。
何を目的に戦ってきたのだろう……


そんなシナリオ部分で褒められる部分が一つ、ブリーフィング画面で一度に三人まで発生させられる仲間との会話パートです。
仲間たちとの会話を楽しみ、好感度を上げる事が出来るイベントでシリーズ最多のキャラクターたちと一切の被りがない会話内容を聞く事が出来ます。

これがなんと最初から仲間にいるキャラにいたっては第一章から最終章までの文の会話が用意されているという凝り具合。
これの労力をメインシナリオに費やしてくれませんかね

好感度を上げていくと、よく分からないタイミングで異性と恋人同士になる事が出来ます。強制イベントなうえ、好感度がしっかり上がってるキャラがいない場合誰に告白しても振られます。上がってても何故か振られる時もあるみたいですけど。




・ゲームシステム
ターン制のSRPG、とはいえよくある自軍と敵軍フェイズで交互にターンを回す物ではなく素早さ順?で敵味方が行動し、全ユニットが行動し終わるとターンが終了します。
素早さがどういう基準で決定されてるのかはよくわかりません。

ラングリッサー特有の傭兵システムももちろんあります、傭兵を予め雇い共に戦場へ出て戦います。
敵も傭兵を連れており、指揮官であるユニットを倒せば周りの傭兵も一緒に倒れるシステムです。

傭兵を一度に雇える数は2~3人です。


これだけならまぁ普通のSRPGなのですが、とにかく欠陥だらけなのがこのラングリッサー転生です。

まず何はともあれ操作性、UI、レスポンス、ゲームテンポ、ゲームバランス、敵のAIなにからなにまで最悪です。一つ一つ説明していきたい

操作性に関してはそのままボタンを押してもすぐには反応しないのと、ワンボタンで自軍の傭兵にカーソルが行かないという不便なポイントがあります。

カーソルを合わせるまでどれがどのユニットの傭兵か分からず、見失った場合手作業で傭兵を探し出し移動させる必要があります。
この作業がとても苦痛で、正直傭兵を雇うのはただのロスだと思いました。敵が弱く必要もないので。

というもののこのゲーム、とにかく敵のステータスも頭も弱い

通常難易度でプレイしていけばいつのまにか主人公が無敵の最強ユニットに育ってしまい、その他の仲間もそこそこの強さに。
それに対して敵は中々強くなってくれないので、幾ら敵を殴ってもダメージ一つ負わずに突撃できます。

そして問題なのが敵のAI、何を思ったのか索敵した味方ユニットを一切攻撃する事なくとり囲むという遅延行動を最後までずっとやってきます。

調べたところ、強さにあまりにも差があるユニット間と近付きはするものの攻撃はしないという仕様らしく、その結果大量の傭兵を連れてユニットの四方を取り囲み、進撃を妨害するだけというお邪魔キャラに徹するようです。

アップデート前はちゃんと差があっても攻撃してきたらしいのですが、この仕様の所為で反撃無双というSRPGの楽しい要素がゴッソリ削られており、味方ターンでしか戦闘が行われないので単純にプレイ時間が引き延ばされてしまいます。


後は中断セーブが無い、武器や防具を装備する事は出来ても外す事が出来ない、画面のユニットに表示されている体力HP数値がボヤけてて見えない、カーソルが見えにくい、出撃出来るユニットの少なさに対してマップが異様なほどに広い、敵が壁や地形を認識していない等々、細かい部分を挙げるとキリがありません。


5293138adf78752cf91d54013d9d25c456358001ddadbd8f08a3038dda34b805 (1)
▲見えにくいHP数値


次に本作で有名なのが戦闘システム、戦闘画面に入ると1.5等身くらいのキャラがとてとて殴り合います
それだけならまぁ良いですし、SRPGの戦闘画面なんてオフにするんで気にしないんですけどね。

更に敵を撃破した時のエフェクトが爆発です。いやスパロボやってんじゃねーんだぞ!





2019y07m05d_155010355.jpg

▲ボガーンと大きな音を立てて爆発四散するわけですが、シナリオ的に敵幹部は基本死なないのであの爆発なんやねんという現象に。そもそもなにが爆発してんの。
爆発は戦闘画面オフにしても出るので気になります。

ちなみに周回プレイ機能があり、レベルを全て引き継ぐという仕様な為二週目からは更にゲームが温くなります。難易度上げても楽勝だぜ

ぬるさとシナリオの薄さで一周のゲームプレイ時間は10時間前後、二週目だと5時間程度で終わらせる事が出来ま


とりあえずゲームの難易度はすこぶる低いので気軽にプレイ出来るっちゃできますね




・総評
シナリオ、システム、利便性その他もろもろ何から何までSRPGとしての面白さを徹底排除した逸品です。
どうすればいいんだ


ラングリッサー転生公式サイト


私の欲しい物リスト