記事一覧

VA-11 Hall-A ヴァルハラやりました【重い世界観のゆるゆるバーでダラダラやる】

D9zHOfZUEAAO05V.jpg
Sukeban Gamesからsteam、PSvita、PS4、switchで発売されたADV、VA-11 Hall-Aです。

¥ 1,500 (Steam)
¥ 3,240 (VITAパッケージ版)
¥ 3,480 (PS4,Switchパッケージ版)
¥ 2,000 (VITA,PS4,SwitchDL版)




海外ではちゃめちゃにヒットしているADVシリーズが日本上陸。ホモやらレズやらアンドロイド娘やらがそこらじゅうにいる闇鍋のようなゲームです。








・メインシナリオ
腐敗した政府と暗黒コーポが牛耳り貧富の差が激しく、監視ナノマシンを注入された司法組織が厳しく取り締まっているディストピア、グリッチシティが舞台。

そんな人々の心のオアシスとなっているBTC認定バー番号VA-11 Hall-A、通称ヴァルハラにてバーテンダーをやっている主人公のジルは様々な客に合ったカクテルを作り続けます。


これだけ聞くとかなり重苦しい世界観ですけど、なんかみんな割と元気に図太く生活しており、ジルからも危機感を微塵も感じないゆるふわな雰囲気


治安は最悪に悪く、下手したら明日死んでるかもしれないような街なのですが、主人公ジルはそんな事より来月の家賃を払えるかどうかが心配で仕方がない。


D9zGF07UYAEcCw0.jpg
▲そもそもすでに何か月も滞納しているらしくそっちの方が危機という様子。アホかな


アホみたいな客とアホみたいな会話をしたり、セクハラされたり、変な注文をされたりしてもジルはクールに受け流す。
初めてちんこ見て大爆笑するような女がクールなわけないだろいい加減にしろ。

ちなみにジルはバイです。
このゲームの登場人物男女ともにほとんどバイです


アホな展開ばっかなゲームですが、一応たまに危なっかしい展開やら過去に辛い目にあった人やらが出てきたりしますが。大体みんな幸せそうなのでオッケーです。

おもっくるしい雰囲気でだらだら馬鹿な話をしてるとだけ言うと語弊もあるかもしれませんが、それだけヴァルハラというバーがリラックスできる空間という事でもあるので、こういう緩い雰囲気を文章と画面の演出だけで表現出来るのは素直にすごい。

僕の推しはステラです。設定資料集だとこいつだけ服装がちがくてミニスカサンタコスをしているぞ。このやろ



・ゲームシステム
やってきた客の注文に合わせてカクテルを一から作り、提供することによってゲームが進みます。

ここで注文通りに提供するか本当に必要そうな別のお酒を提供するか、人によっては「なんか甘いの」みたいな曖昧な注文をしてくる人もいるので、どんなお酒を出すべきかをメニューから選んで提供する必要があります。

提供するお酒によって会話内容が代わったり、特殊エンディングの条件になったりします。
エンディングの種類はトゥルーエンドの他に四つほどあり、分岐ではなく条件を満たすと発生します



D9t2lnEUEAAA127.jpg
▲一からカクテルを作る……と言われると難しそうに感じますが、条件に合わせたお酒のレシピはいつでも確認できるので、お酒を作ること自体は簡単です


簡単に言ってしまうと選択肢の代わりにカクテル作りになったADVというだけなので難しく考えることはないと思います。

とはいえちゃんとお酒を出して給料を稼がないと家賃が払えなくなってバッドエンド(あんまりバッドじゃない)になってしまうので注意しましょう。

あと何故かジルは毎日毎日何かを欲しがるので、それを買ってあげないとパフォーマンスが下がります。
だから家賃払えないのでは?
ショップで買える商品の中にはフラグの発生条件になるキーアイテムも売ってるので注意が必要ですね


あえて難点を一つあげるとすると、酒の席という事もありガンガンに下ネタが飛び出してくる事くらいですね。オブラートを一切包んでこないのでちょっとびっくりします。

あと見るたびにジルの顔が違う事です。百面相かな?



・総評
個性的なキャラ達とダラダラのんびり酒の席でアホな会話をするゲームです。

雰囲気が重そうでちょっとなーとか思ってる人は雰囲気に騙されてるので買ってください





ヴァルハラ公式サイト

欲しいものリスト