記事一覧

ファイアーエムブレム風花雪月やりました【君だけの学園生活、君だけの思い出を君の手でぶっ壊せ!】

EAYAM_5UcAA9VDc.jpg
京都サイコパス花札カンパニー任天堂のインテリジェンスシステムズがswitchで開発したSRPG、ファイアーエムブレム風花雪月です。

(税抜き6980円)





あのザ・SRPGとしておなじみファイアーエムブレムシリーズの新作、学園モノとして登場です。

戦争モノで学園モノ……?みたいな不安は某シリーズとかを知ってしまっている方々には重く圧し掛かります。

英雄伝説-閃の軌跡I:改-Thors-Military-Academy-1204-_20180308071429





結果的に成功した路線変更とはいえ、今まで散々ときめきエムブレムだとか手強い恋愛シミュレーションだとか色々軟派なイメージが付いてしまったFEシリーズで更に学園モノというキラキラした題材ですが、

キラキラした見た目でめちゃくちゃに重い戦争モノというとんでもないスーパーSRPGが現れてしまいました。胃もたれしますよ。

当然ときめきエムブレム要素も残っているので安心!なにが?(素)





・メインシナリオ
フォドラと呼ばれる大陸、そこでは千年以上の歴史がある帝国、騎士と王が治めている神聖王国、王を持たず有力な貴族のみで自治している諸国同盟の三つの勢力が各々の地域に分けられています。

多くの人々がセイロス教の教えのもと女神を信仰しており、過去にたくさんの戦争があったものの今は平穏がもたらされています。

そんなセイロス教の大本山、三国の中央に位置している大修道院は三国から集まった若者たちの士官学校としても使われています。

元傭兵で感情が割とハチャメチャな主人公はひょんな事で演習中の生徒たちを山賊から守り、その腕を買われ士官学校の教師として雇われる事になりました。

帝国出身の生徒で構成されたクラス、王国出身の生徒で構成されたクラス、諸国同盟領出身の生徒で構成されたクラスのどれか一つを受け持ち、その生徒たちと絆を育みながら騎士として育成をする……というのがゲームの本筋です。


EAjFjGMVUAIWIHe.jpg
▲国内外で人気のアホ面


EAYOu5RUEAA7fBQ.jpg
▲ハリーポッターみたいな食堂すき



ここまで聞くとやっぱただの学園モノでは?みたいな感じなんですけど、明らかにちょっと狂ってる大司教だとかいざこざを産む貴族制度だとか差別問題等々、戦争モノに相応しい?ドロドロした題材を全力で使ってきます。

本作は二部構成となっており、第一部では平和な学園生活。第二部では打って変わって三国間での戦争が勃発してしまった五年後の世界が展開されていきます。

教師である主人公は自らが受け持った生徒たちの所属する国に加担し、かつての同僚を、生徒たちはかつての旧友を手にかける事となってしまいます。


今までのFEシリーズと比べてシナリオの文章量が凄まじく、戦争に至る経緯が事細かに描かれているのは勿論。
今までの数百倍ほどのボリュームに膨れ上がったキャラクター同士の掛け合い、関係性、設定。そして支援会話で生徒間の掘り下げも凄まじくそのままマントル突入するんじゃないかと不安になるほど掘ってきます。

インタビューによると、ボリュームは過去作の2、3倍とのこと。凄まじい。

これのおかげで戦争が起きてしまった事実がただただ悲しく、かつての平和な日常に戻ることが出来ない虚しさを味わう事が出来ます!

今までのシリーズだと大体は戦争が起きた所からゲームがスタートしてきてて、プレイヤーはただ「戦争が起きた」としか感じることは出来なかった。それが悪いわけではないんですけど、この風花雪月の場合「戦争になってしまった……」という大きな脱力感と無力感をプレイ時間の半分を費やして突きつけてくるのでたまった物じゃない。心の底から戦争を憎む事が出来ます。争いなんてくだらねえ!

私は帝国所属の生徒たちで構成されたクラスのルートでしかまだクリアしていませんが、一つのルートだけでもかなりシナリオに違いがあるのがアリアリで、全ルートプレイするとなると凄まじいボリュームになりそうです

なんなら今作、他の学級から生徒を引き抜くシステムという物があるのですが、詳細は後述するとしてこれにより第二部で敵対もすることが無くなるという、キャラに死んでほしくないプレイヤーにとても嬉しい機能。


EAp1EclU4AAa0Zb.jpg



シナリオ中敵として出て来なくなるのですが、当然生徒としては別の国に加担して戦う事になるので、友達や家族と敵対する事に。
それによる苦悩もしっかりと描いて来るというあまりにも非人道的な作り込み方をしています。



つまり「○○ルートを選んで○○を引き抜いた時の台詞の違い」「逆に引き抜かずに敵として出てきた時の台詞」「元々同じクラスの級友だった相手と戦わせたときの台詞」を楽しむ事が出来るのです。
スタッフは小学生の頃に道徳の授業をちゃんとの受けたのかな?


この意味の分からないくらい作り込まれたゲーム、最近のかるーい感じのファイアーエムブレムが受け入れられないといった古参エムブレマーを呼び戻して全員の心に傷を負わせたり、今までのかるーい感じのファイアーエムブレムを楽しんで来た新規プレイヤーたちの全員の心に傷を負わせたり出来る、とんでもないゲームです。

令和元年に出て来ていい出来のゲームじゃないよ、後発の事もっと考えてね。


とにかく皆さんプレイして、戦争のむなしさを知ってください。
……ゲームレビューなのに反戦のノリになってるの駄目では?









・ゲームシステム
今までのFEシリーズ御馴染みマス目式のSRPGです。





EAaNj_kU8AAPt1n.jpg
▲もうパッと画面見たら即ファイアーエムブレムだ!となります。

とはいえ結構変更された要素や今作特有のシステムもあるので説明していきましょう。


まずは御馴染み三すくみシステムですが、今作では廃止されました
これだけ聞くと改悪なのか改良なのか判断付かないんですけど、槍が得意なクラス(職業)を育てる事で「剣殺し」という剣に強くなるスキル、斧が得意なクラスを育てる事で「槍殺し」という槍に強くなるスキルを習得する事が出来て、そのクラスをしっかり育ててからじゃないと三すくみの輪に加わる事が出来ないといった風になっています。

というものの本作のクラスチェンジのシステムが授業を受けて技能を上げることによって受ける事が出来る資格試験に合格する事で初めてそのクラスにクラスチェンジが出来るようになるというもので、一度合格してしまうと準備画面で好きな時にクラスを変更する事が出来ます。

なんなら魔法以外ならどのクラスでもほぼ全ての武器を扱う事が出来るので、三すくみなんかは機能しません。なのでスキルとして登場したんですね。


生徒たちは学園パートにてこれら自分の目指すクラスの資格試験に合格するため日々勉強をするわけですが、当然勉強の方針は教師である主人公の手に委ねられます。

一人ひとり剣が得意だったり魔法が不得意だったりの個性はありますが、完全に自由な育成が可能です。

やろうと思えば非力な女の子にアーマーを着せて前線に立たせたり、斧ブンブン振り回してそうなマッチョを魔法キャラに育て上げることも。

クラスチェンジのルートがなんかガバかったり、最上級職がただの複合職ってだけで上級職と比べてもあまり強く無かったりみたいな所もありますが、
好きな生徒を好きなように育てられるこのシステム、育成システムとしては最高峰の面白さです。

出撃数が基本10前後なので、育て上げたたくさんの生徒たちを全員使う事は難しい。
他クラスからの引き抜きとかしないなら問題ない数なんですけどね、魅力的な生徒が多すぎる……。


数値が変動するのを見るのが大好きなタイプのRPGオタクな私は勉強の成果が発表される週末のシーンを見ながら絶頂してました。アヒ


EAaP8SbUEAAEuOQ.jpg



楽しい育成ですがちょっとバランスが崩壊してる部分も少しあり、本作騎乗系のユニットは乗ってる馬から乗り降りして好きな時に歩兵になる事が出来ます。
つまり馬、飛行系の弱点がなくなります。やべーだろ!

降りるコマンド自体は確か「紋章の謎」にちょろっと出てきたシステムですけど、それとは違い今作は降りる事によりステータスの低下はありません。たぶん。
これによりステータスの高いドラゴンマスターを敵陣に突っ込ませ、ドラゴンから降りると弱点無しのクソ強歩兵が生誕し暴れまわるというゲームに。ハード以上の難易度でこれが通用するかは分かりませんが結構めちゃくちゃやってます。

もう一つは今作で追加された新武器の拳。攻速が高く大抵の相手に二回攻撃が発生する武器。
更に速度で上回ると最大で四回攻撃を叩き出すという勇者シリーズかな?みたいな武器です。

アーマー系にはちょっと弱いですが、必殺値もそのまま乗るので四回攻撃のうち一度でも必殺が発動すれば敵は消し飛びます。キラー拳もあるぞ。




更に新システムの騎士団システム。
ユニット一人ひとりにそれぞれ騎士団という物を配備する事が出来て、これにより大軍vs大軍という戦争らしい描写が出来るようになりました
グラフィックにコーエーテクモが関わっているという事で、こういった大軍戦闘が出来るようになったという事ですね。


EAaBGZrU0AII29M.jpg




当然この騎士団システム、ただ戦争っぽさを出すだけではなく計略というそれぞれの騎士団専用の回数制限アリのコマンドがあり、これにより一方的に攻撃したり、デバフやバフをかけたり色々な事が出来ます。
ちょっと活用するのが難しいかもですが、ノーマル程度の難易度ならばあまり意識しなくても大丈夫かもしれません。

やっぱファイアーエムブレムはハードからが本番ですわね。

最後にもう一つ、「戦技」という技能を極めていくと覚えていく必殺技のようなコマンドがあります。
武器の耐久を大量に消費するというデメリットがありますが、特殊な効果があったり射程が長かったり、単純に攻撃力が高かったりするコマンドで、いざというときに便利です。貧乏性な私は滅多に使いませんでした……

後は過去作で御馴染みだった数々の魔物や、固有スキルに選ばれた者だけが持っている紋章スキル、遺産武器などの要素も。
色々と追加されたり変わったりしていますが、根本的な部分はやっぱりファイアーエムブレムなので今までの感覚そのままで遊べるというのは古くから続く人気シリーズの強みですね。

今風のシステムに改良しつつも完成された部分は変えずに残す良いトコ取りな作り方がとても上手でした。
一通りルートをプレイしたら生徒スカウト縛りでプレイしとうございます

ちなみに子世代はなくなりました。嫌いじゃなかったんだけど扱いがね……








・総評
ファイアーエムブレムの集大成にして最高傑作です。こんなん大河ドラマですよ。
集大成とかいうとこれで終わりみたいですけど、ふつーに続くよ。なんなら来年追加シナリオDLCも来ますよ。

なんならコエテクくんがFE無双2作る準備も万端よ、今後ともよろしくお願いしますよコーエーテクモさん~~~




ファイアーエムブレム風花雪月公式サイト


欲しい物リスト