記事一覧

アズールレーンクロスウェーブやりました【アズレンのこういうゲームがやりたい、をそのまま形にしたゲーム】

EDHZBhpU8AECQOH.jpg
コンパイルハートのフェリステラがPS4で開発した3DSTG風アクションRPG、アズールレーンクロスウェーブです。


通常版:8,424円(税込)
DL版:7,560円(税込)






原作は中国のヨースターで開発された無料のアプリのアズールレーン(以下アズレン)、STGっぽいシステムのソシャゲです。
過去にアズレン内でコンパイルハートの看板タイトル、ネプテューヌとのコラボイベントが開催され、その時からの付き合いでコンパイルハートからコンシューマーでゲームが出るに至ったとの事。

アズレンスタッフはネプテューヌが大好きみたいですね、正気じゃないです。


EDTAkKFU0AMSYZ2.jpg




かくいう私もアズレンにドハマりしてる人間の一人で、正確な時期は覚えてませんが初期からのプレイヤーです。
最初に断っておくと本作は完全にファン向けのゲームとなっており、私のような原作ファンをターゲットに作られたゲームです。

なので今回のレビューもアズレンの知識を読者の方が持っている前提で書くので、未プレイの方は我慢して最後まで読んで下さい







・メインシナリオ
偽装を身に着けて水上での戦闘能力のあるKAN-SENと呼ばれる少女が暮らしている世界。
セイレーンという未知の敵と戦う為に日夜戦いに励んでたり、人類間で小競り合いをしていたりしているのが原作ですが、
本作は原作とは完全に別設定とのこと。

この世界ではユニオン、ロイヤル、重桜、鉄血の四国で多少の牽制はあるものの大きな戦争は一度も起きていないようで、
セイレーンからの攻撃もまだ大きな問題にはなっていない様子。



EDHde5_UEAAodJK.jpg




今作では重桜の視点で物語が展開され、その中の島風、駿河の本作オリジナルキャラクターの二人が主役です。

ある日演習任務で偶然見つけたセイレーンの部隊と交戦した二人は、セイレーンの守っていた輸送艦から四角いキューブを発見。
すぐに重桜のお偉い方がキューブに対しての調査をした後、何を思ったのか四か国を巻き込んだ大合同演習を実施する事に。

セイレーンを撃退したという事で一躍時の人となった島風と駿河の二人もこの合同演習に参加する事となり、各国のKAN-SENたちと演習をしつつ、この合同演習が実施された本当の理由や、セイレーンの狙いを知っていく事になります。


重桜目線のシナリオという事もあり、登場キャラクターは重桜艦が多め。
プレイアブルはコラボキャラ除いて28人、支援キャラは35人。騒然63人がシナリオにも登場します。
一見多めですが、現在原作アズレンの全キャラ数は417人。仕方がないとはいえ、原作からかなり絞られています。

こういった作品はやはり一人ひとりのキャラクターにファンがいるもので、それらの需要を全て満たしていないというのは本作の最大の欠点と言えるでしょう。


しかし登場したキャラクターはなんとイベント中完全フルボイスで会話します。
メインストーリー自体のボリュームは控えめですが、条件を満たすことで解放するサブエピソード全58種全てでフルボイスなので、しっかり読むと大ボリュームです。

メインストーリーからサプエピソードにかけて全てのシナリオのクォリティは高い方で、原作では中々見られないキャラ同士の掛け合い、たっぷりとキャラの掘り下げやそのキャラの好感度の上がるようなエピソードばかりで兎にも角にも原作ファンを満足させようという内容です。


オリジナル主人公の駿河と島風のキャラも濃く、尖っていながらも不快感の無い愛着の持てるキャラクターで、馬鹿やったり喧嘩したりと最後まで楽しませてくれます。

九割くらいトンチキなほのぼのギャグシナリオなのですが、たまーに熱い展開があったりととにかくシナリオ部分は百点満点と言っていい。
流石に好きなキャラが参戦していないという人は少し退屈かもしれませんが、それでもアズレンが好きならば必ず満足出来る物でした。


たまにネプテューヌの声もします、ビビるからやめてね。











・ゲームシステム
3DSTGです。四角いエリア内で現れる敵艦や敵KAN-SENをボコボコに撃ちまくって暴力で打ち勝つゲームです。

スキルやレベル、装備などの仕様は原作そのままですが、3Dでアクション性が高くなったという事で縦横無尽に海上を動き回る事が出来ます。

緊急回避やロックオン攻撃(ゲージ消費の必殺技)を駆使し、敵も味方もやたらめったら弾を撃ってくるのでなんか雰囲気で避け乍ら戦います。


cg9.jpg





このゲームで一番のお褒めポイントとして操作性が信じられない程抜群に快適で、思ったようにキャラクターを動かすことが出来ます。
前衛三人後衛三人の編成は原作と同じですが、空母や戦艦も前衛として操作出来るので、原作では動かす事の出来ないキャラクターを動かすことが出来るのはとても嬉しい仕様。

私、いつも主人公しか動かせないけど特定の短いシーンだけ別のキャラクターが操作出来るシーンとか好きなタイプのゲーマーなので……



cg21.jpg




STGとはいうものの、飛んでくる弾の数が尋常ではなく避けようがない弾幕が多く、STGというよりレベルを上げて強い装備でゴリ押すプレイングはやはり原作そのまま。
逆に言うとレベルを上げて強い装備を付ければどのキャラでも強いので、キャラ格差が殆どないのはキャラゲーとしては高評価。

とにかく操作性は抜群でハマると時間が吹っ飛ぶ気持ちよさなのですが、肝心の戦闘エリアは全て障害物もギミックも何もない海上一択。
出てくる敵の数や種類が違かったりする程度で終始やる事が変わらないので、飽きる人は本当に高速で飽きてしまうんじゃないかなぁと思ってしまいました。


あとはファン待望のフォトモードなる、3Dモデルをじっくり鑑賞し写真を撮りまくれるモードがありましたがこれもあと一歩足りない出来。ポーズの種類が少なくカメラも下から回り込めない。もしかしたら規制が入った所為かもしれないですけど


育成部分ではなんとレベルは200まで上げられて、ケッコンも可能。武器やスキルの強化もあったり。
更にエクストリームバトルという本編とは別の特別な戦闘が100まで用意されておりやり込める量は膨大です。


原作と違い対戦要素がなくなった為、度を越して狂った効果のスキルが目白押しになっており、意味不明なまでに暴れる事が出来るキャラクターが多数います。原作では絶対お目に掛かれないダメージの桁を見れたりなど戦闘部分ではプレイヤーを際限なく強くさせ、死ぬほど気持ちよくさせようというまさにお祭りキャラゲーのあるべき姿と言っても過言できないくらいのはっちゃけ具合でした。

悪さの出来るゲームは面白いのだ
EDHqK4zU0AA3xum.jpg








・総評
原作ファンの願望がそのまま形になった完璧なキャラゲーです。
ゲームとしての不満こそあれど、キャラゲーとしての不満は本当に湧いてこない。ここまでされたら降参するしかないよ。

あくまで推しキャラが多数参戦していた私の意見ですけど、アズレンが好きだって人は買って損はないはずです


アズールレーンクロスウェーブ公式サイト


欲しいものリスト