記事一覧

グリモ☆ラヴ ~放課後のウィッチ~やりました【面白くない四十八(仮)】

2019y10m18d_001904011.jpg
エロゲメーカー、しろいぱんつから2016年に発売された「素敵な女子(お化け含む)に囲まれたボクの学園生活AVG」
グリモ☆ラヴ ~放課後のウィッチ~です。

(税込み9504円)


クソゲーオブザイヤー受賞作品らしいですね、クソゲーオブザイヤーとはいえばバグだらけでプレイ出来ないゲームが受賞するイメージですけど、今作も混じりっ気無しの純度100%クソゲーでした。こいつはすごいぜ

なんでそんなエロゲーを二本続けてプレイしてるの?と言われても、送られてきたとしか言えません。ころちゅ

私は絶対に



・メインシナリオ
まず制作会社が倒産してホームページも無いのでよく分からないんですけど、怪異塗れの学校でオカルト部に所属しつつ女の子を発情させる魔導書を手に入れたのでえっちな事をしまくる。というストーリーだと思います。

これだけ聞くとヌキゲーのそれなんですが、本作約220という膨大な短編を次々と見せられるショートショート形式で、その中で様々な心霊現象やダベり、オカルト的事象、ダベり、えっちなハプニングだったりダベりを見せられる事になります。



2019y10m18d_035550301.jpg




その内容はなんと本当にこれっぽっちも面白い短編が無いというのが特徴的。
プロローグの初めて心霊現象に立ち会う話はまだ最初なので目新しく面白く感じるのですが、それ以降は毒にも薬にもならないどーでもいいおふざけエピソードが殆どを占めています。



2019y10m19d_152706714.jpg



おふざけと言ってもたまーに心霊現象がネタになるお話もあるのですが、
・心霊現象かと思ったら身内の悪戯だった
・心霊現象かと思ったら気のせいだった
・妖怪が出たけどスルー
・担任教師が怪異を巻き起こしたのでお仕置き

というパターンを繰り返す



2019y10m18d_165534100.jpg





たまにガチ怪異が登場したと思ったら味方の強キャラがワンパンで事を鎮めるオチのみ。
終始四十八(仮)でいうヒバゴンを見ている気分になりますね。身体もってくれよ!ヒバゴン拳五倍だーーーー!




2019y10m19d_135629975.jpg



味方には最強のオカルト部部長、メジェド神や透明人間に背後霊など明らかに強い(?)味方が勢ぞろいしており、怪異から逃げる事しか出来ないはずの一般人のですら最早怪異に対して怖がることもしなくなるという、ホラー物としても面白味がない状態に。

とはいえ心霊現象が起きるのは全体の短編のうち半分くらいで、もう半分はヒロインが魔導書の所為で発情したのでエッチするか、何かを発動するために精液が必要になる。あとは本当に他愛もない世間話を数分間だけやるという短編も散りばめられています。

オマケシナリオだとか公式のページとかでやるようなラジオネタを本編で七回にも分けてやった時は流石に眩暈がしました。


本当にただダベるだけの短編が中盤以降は露骨に増えはじめ、明らかにライターが飽きていると受け取らずを得ない文章を淡々と読ませられます。

読みにくい文章というほどではないのですが、とにかくやる気が伝わってこない箇条書きのような文章を読ませられ、結果何も得ることがないという事の繰り返しです。

ヒロインたちの性格も実に記号的なキャラ付けで、人間味を感じない人物ばかり。というより同じような短編の繰り返しなので同じような会話を繰り返すのは仕方がない事とも言えますが……


とにかく虚無、ライターが飽きようとこちらは最後までシナリオを読み続けないといけないわけで、山無しオチ無し緊迫感も無しなオカルトシナリオを読ませられ、今はどの辺までシナリオが進んだんだ……?という疑問を抱きつつ20時間。

なんか唐突にヒロインを助けて終わります。

そっか……

後は校長先生が犬だったり教頭が怪異に飲み込まれてその後登場しなくなったりと色々あるのですが、作中の登場人物がそれらをスルーするのでオカルトモノとしても成立していないと思います

仲間になるメジェド様か土着神、透明人間も突然出て来て対して説明もなく順応し、前触れなく現れる妖怪も基本「うわぁ出てきた」の一言で済まされるので

現代ホラーとシュールギャグを一緒の部屋に入れるな



2019y10m18d_165617199.jpg




ちなみに特定のキャラのルートというものは存在しないので純粋なヌキゲーです、ヌキゲーとして使うのには障害が多すぎるし、シチュエーションも代わり映えがしない物ばかりで、かと思いきやいきなりクソマニアックな奇怪シーンで抜け抜けと言ってくるので上級者向けだと思います。

僕は純愛で抜けないのでどうでもいいですけど



・ゲームシステム

シナリオを淡々と読み進めるゲームです。

ただ選択肢がラスト以外に存在せず、その選択肢は最後に誰とセックスするかを選ぶだけで大きく物語に影響も出ません。

後は本作わりと最近のゲームなんですけど、環境設定が微妙です。


更に本作で一番辛かった事があるのですが、ヒロインの一人が異常に鼻声なのと音量無調整で爆音を高頻度で流してくるのでリアル鼓膜を破壊して来る事です。

前者はそのまま、周りの声優さんは普通に喋ってるのに一人だけ濁声ような鼻のつまりっぷりでフルボイスです。純粋に不快。
もう一つ、本作風紀委員ガールズなる謎の女たちがいるのですが、こいつらが度々「風紀委員ハリケーン」なる謎のムーブで主人公の名前をMEとして大声で叫び続けるシーンがあります。


2019y10m18d_232432785.jpg


MEなのでクリックしないと永遠に叫び続けます


五人全員がハモって叫んでくるので本気でうるさい、他のキャラの10倍くらいの音量が流れてくる。元々耳が弱い私には非常に辛いものがありました。音量調整くらいしろ



・総評
面白くないです
これ以外の適切な感想が思いつきません

ギャグセンスのないやつがキテレツ大百科の真似をしたらこうなるみたいなゲームです。


欲しいものリスト