記事一覧

ポケットモンスターソード・シールドやりました【ポケモンバトルという存在に重点を置いたシナリオとド派手な大怪獣バトルで見栄えと演出大強化】

EKI9i1lVUAIbCBc.jpg
任天堂のゲームフリークからポケットモンスターシリーズ最新作、ポケットモンスターソード・シールドです。

(税別5980円)






あのポケモンの最新作ですので話題にならないはずがない、無限に広がるポケモン世界への冒険がはじまるぞ
僕はソードの方をプレイしました、クチートが欲しかったので……






・メインシナリオ
舞台はガラル地方、この地方ではポケモンバトルがエンタメとして人々を熱狂させており、特にライバルの兄でもあるチャンピオンの試合は大人気。
主人公もそのチャンピオンの試合中継を見ていた所から始まります。

その後主人公はライバルであるホップに連れられ帰省してきたチャンピオン、ダンデに会いに行き最初のポケモンを貰う事に。

兄のようなポケモントレーナーになりたいホップはチャンピオンに挑戦する権利を得る制度、ジムチャレンジなるものに参加するため、主人公と共にダンデにジムチャレンジャーの推薦状をもらいます。


ライバルであるホップと切磋琢磨しつつ、ジムチャレンジャーというポケモンバトルの選手になり地方全土を回ってジムバッヂを集めてチャンピオンになる……というのが本作のシナリオ。


要はいつものポケモンのシナリオだと思うんですけど、これが意外と違くて
今までのポケモンは言ってしまうとポケモンジムの挑戦が悪の組織を壊滅させたりポケモン図鑑を完成させたりするついでみたいな位置付けでしたが、
本作はというとチャンピオンと戦う事が全てにおいて優先されているシナリオになっています。

ポケモン図鑑自体は手に入れますが、誰にもポケモン図鑑を完成させてほしいみたいな事は言われません。
何しろ最初にポケモンを渡してくれるのが博士ポジの人からではなくチャンピオンその人なので。

ポケモンを使って何かを企んでいる人というのも勿論存在しますが、ジムチャレンジャーはジムに挑戦する事を優先するべきだと、周りの人たちはジムチャレンジ以外の厄介ごとから主人公たちを遠ざけようとしてくれます。

ジムチャレンジャーはこの地方ではオリンピックの出場者みたいなもので、何より子供を事件に巻き込もうという考えが周りの大人たちには発想すらないというのが理由だと思いました。


とにかく最後までたくさんの観客がいるジムで戦い、応援され、バッヂを集めてチャンピオンのいる町へ向かう。という流れが徹底されています。

その所為もあってかチャンピオン戦直前で突然差し込まれた真の敵の登場とたくらみの暴露、伝説のポケモンの登場の流れはかなり唐突に感じました。
ここで主人公は完全に巻き込まれただけなのと、大事件に発展するまで周りの大人たちが主人公たちに関与させまいと裏で解決に走っていたので仕方ないという部分もありますが……。


ジムチャレンジャーとして戦い続け、ジムリーダーに揉まれライバルたちにも恵まれファンにも応援されて勝ち上がっていく展開はまさにスポーツ選手。戦う事の楽しさを徹底的に教えてくれる良いシナリオだったと思います

特にジム戦の演出は、BGMや戦うジムリーダーたちの台詞や動き、そしてダイマックスというポケモンを巨大化させて戦うシステムの導入もあり凄まじい迫力になっており必見です。

EKTiVxDUcAIfBKc.jpg


そして忘れてはいけないのが同じジムチャレンジャーのライバルたち。ホップ以外にも二人ほど名前のあるライバルが存在し、それぞれの想いを胸に戦っています。
その中でも最初のライバルのホップくんの台詞や行動、目付きやBGM。そして道中戦うたびに大きく変わっていく手持ちポケモンで表す成長や心情の変化の表現はもはやゲーム史に残るレベル
進化したグラフィックや映像のみに頼らない表現力には思わず感服してしまいました

fb_pokemon_190605_08.jpg



親友倒されたからかたきうちのわざマシン渡してくるげんきのかけら女はちょっとやべぇなとは思いましたけど







・ゲームシステム
基本的な部分はいつものポケモン、新しいタイプみたいなのはありません。
目玉の新システムはやはりダイマックスです。

好きなタイミングでポケモンを巨大化させる事が出来るというシステム。細かくどう変化するかはゲーム中に記載がないのでよく分かりませんが、少なくとも強くなってます。
三ターンという短い時間の間だけダイマックス化でき、さらには特定のポケモンのみキョダイマックスという更なる変化も。

つまりはメガシンカみたいなもんだと思えばいいです。






後は大きなコンテンツとしてワイルドエリアという物があります。
ここではいつもの固定カメラ視点から一変、広いエリアを見渡し歩いてポケモンを探したり、ダイマックスポケモンをレイドバトルで撃破し捕まえたりという通信要素を遊ぶことができます。

本作のコンテンツの殆どがここに集約されており、歩き回る事で序盤からいきなり強すぎるポケモンと出会えたり、大量のアイテムを見付けたりする事が出来ます。

本作に登場するポケモンの約半数がここに生息しており、やることがいっぱいなエリア。
ちょっと要素をここ一つに詰め込み過ぎでは?みたいな所もまぁありますけど。

ちょっと歩くだけで大量のポケモンが歩いている姿を見れるのは臨場感ばつぐん。
天候が変わるだけで出現するポケモンも大きく変わるのでたっぷり遊べます。







しかしこのガラル地方やワイルドエリアにたくさんのポケモンがいるとはいえ、本作を語るうえで避けて通れないのがポケモンのリストラです。

今まで過去作からポケモンを連れてくることで実質初代から全てのポケモンが継続して登場し続けてきたポケモンシリーズですが、やはりと言うべきか増えすぎたポケモンや現代のコストに追いつけなくなったのか、過去作から連れてくることが不可能になり全体の半分弱のポケモンが未登場となってしまいました。

それでも多くのポケモンが登場するのですが、やはり長く続いてきたシリーズという事もあり、ポケモン一匹一匹にファンがいたのは事実。
好きなポケモンが新作に登場出来なかった事を悲しむプレイヤーは少なくなかったでしょう。

とはいえ本作のポケモンとしての楽しさは本物なので、それでも良ければ是非プレイしてほしい所です。







そう、ダイマックスという新たな要素が追加された事により対戦環境も大きく変わったので。
当然ぶっ壊れたという意味でですけどね。いつものことだよ
ポケモンの対戦環境なんて壊れてナンボみたいなところありますけどね、ないよ

その他薬漬けにしてポンと努力値を振ったりいつでも姓名判断や技の思い出し、ボックスにいるポケモンの交換が出来たりして育成やシステム面で便利になったところや、
逆にクソ操作性の悪い自転車など不便になったところもあります。





バトルに関しての要素がそれはもう強化されましたが、他にもキャンプというポケモンと触れ合う要素も。
いつでもどこでもキャンプを開き、ポケモンたちと触れ合ったり材料を選んでカレーを作ることができます。
入れる材料によって出来るカレーが異なり、これを集める……という謎の収集要素も。

なぜかキャンプもオンラインで複数人と遊ぶことができます。なんでだ


EKxkNvCUYAAMLeS.jpg






・キャラ評価

・主人公
田舎のガキ。いきなりチャンピオンからポケモンを渡され、そこそこのポケモンを持っていたであろうホップくんを即二タテしてボコボコにしたとんでもないガキ。

結構表情豊か


・ホップ
近所のガキ。兄がチャンピオンという事で中々裕福。
すっかりコラ素材となっている彼だが、彼が成長する描写だけで本作が神ゲーと言われる所以になるまである



・マリィ
女ライバル。刈り上げてるのにちゃんと可愛く髪型を仕上げてきてるかなり度胸がある女。やはり田舎のガキ。
囲いの民度が低いが本人は至って健気でいい子。後半は兄にヒロインの座を奪われる



・ビート
それはもう重い過去を背負ったガキだがなんか勝手に暴走してジムチャレンジを失格になり、その後妖怪クイズババアに拾われるという面白キャラな所為で悲惨さを感じないアクロバティックなキャラ。




・ソニア
あんまりポケモンバトルに興味がない、人を見る目も全然ない。なんか会うたびにげんきのかけらを渡してくる



・ダンデ
チャンピオン。同じ年齢でチャンピオンになったらしい
キメポーズがダサい、マントは広告ベタベタで更にダサい。けど多分主人公はチャンピオンに憧れてると思う



・ヤロー
草ジムリーダー。クソコラみたいな身体だけど恐らく農業で鍛えられた身体だからだとおもう。現実にもたまにこういう体の人いるよね。
結構影が薄いが、最初のジム戦という何物にも代えられないインパクトを持っている



・ルリナ
水ジムリーダー。ソニアの友人だというがあまりその設定は活かされない。
チャンピオンリーグで再戦する


・カブ
炎ジムリーダー。設定上ではジムチャレンジの関門として立ちはだかる。
エール団を追い返していたり、撃破後ルリナとヤローを連れて応援の出迎えをしてくれるおじさん



・サイトウ
ソード限定の格闘ジムリーダー。他の比べるとジム以外で会話がないので地味だが先行で姿が公開されたという事もあり話題にはなった。
チャンピオンリーグで再戦する。



・ポプラ
フェアリージムリーダー。サイトウ撃破後なんかちょこちょこ出てくるようになり、シロナポジか?と思いきやそんな事は無かった。
試合中突然理不尽なクイズを出題してきて、不正解だとデバフをかけてくるとかいう妖怪クイズババア。

その後ビートくんを連れ去るシーンが面白いので許してしまったみたいなところがある



・マクワ
岩ジムリーダー。微塵も印象に残らない



・ネズ
あくジムリーダー、道中で度々邪魔をしてくるエール団のリーダー?でもある。
唯一戦闘BGMが専用で、ダイマックスを縛って戦ってくるうえ、クリア後のシナリオでは何故かずっと付いて来るとかいうアホみたいな優遇されたキャラ。

下手するとホップくんの次に一緒にいる時間が長かったキャラになる


・ダンテ
ドラゴンジムリーダー、ダンテのライバル。とにかくキャラが濃い。
カプ厨のおやつ



・オリーヴ
合言葉はあああああああ!
5963!ごくろうさああああああああああん!



・ローズ
ウッス!いきなりはがねタイプのポケモンばっか出すのはどうかと思うっす!





・総評
シナリオ、演出、成長。そしてジムリーダーへの挑戦に大きな力を入れた、バトル重視のポケモン最新作です。

システム面ではいい所もあれば悪くなったところもある、正統進化と呼ぶには一長一短で中々難しい。
しかしポケモンの最新作なのは間違いないボリュームと面白さなので迷っているならぜひ買おう。

君もポケモンゲットじゃぞ



ポケットモンスターソード・シールド公式サイト


欲しい物リスト

プロフィール

gameyarasero

Author:gameyarasero
ゲ―ムがやりたいだけなんだ

Twitter Sandarhime_2

最新コメント