記事一覧

アライアンス・アライブHDやりました【中毒性のある時間泥棒な正統派RPG】

EPdsP0GVAAA1WYW.jpg
フリューが3DSで2017年に発売したアライアンスアライブHDリマスターです。

(税抜き6280円 PS4&switch)





過去作の微妙な出来から一転、完成度が高く手堅い古き良き雰囲気のRPGとして評価を受けていた作品のリマスターです。
switchとPS4の違いは、PS4ではトロフィー機能がある……くらいですかね





・メインシナリオ
千年前、秩序を重んじる種族である魔族が人間たちの世界へ侵攻し人間たちは魔族に支配されてしまいます。
魔族は人間界に大結界を作り、その所為で気候は滅茶苦茶になり、青空が失われてしまいました。

その影響で黒き流れと呼ばれるものが生まれ、世界は四分割。
海に広がった黒き流れを越える事は出来ず、人間たちはなすすべなく魔族に支配され続けています。

魔族に従属する種族、妖魔たちが人間を迫害したり威張り散らしたりしている人間にはとても過酷な現状ですが
四つの世界に分かれた人間たちはそれぞれで文化を築き、魔族に抗ったり抗わなかったりしています。


その中の一つの世界で魔族に抗うレジスタンスとして活動している少年ガリルと、レジスタンスのリーダーの娘であるアーシュラの二人のシーンから物語はスタートします。

他にも諜報ギルドの青年レンツォや妖魔でありながらレジスタンスの仲間として戦うバルバローザ

妖魔たちと同じく魔族に従属して一定の地位を得ている印術ギルドのジーンとなんか印術ギルドに雇われてるらしい傭兵のレイチェル

魔族の中でも特に高い位の貴族でありながら人間に興味がある変わり者のビビアンとそれに従う執事のイグナス
自由を求める科学者少女ティギーと個性豊かな面々が盛りだくさん。
やがて彼らが一同に会し、目的を同じにして戦っていくことになります。

一応説明では全員主人公の群像劇……という事らしいのですが、ぶっちゃけ半分くらいは主人公っぽさはないです。

全キャラきちんと見せ場があり、活躍をするのですが
その中でも特に目立った活躍をするのが主人公っぽい役目を与えられたガリルと、ところどころでロマンシングな活躍をするビビアン、あとは性格上喋る事が多いティギーくらい。
他のメンバーはあくまで仲間たちといった立ち位置なので、どちらかというと全員が主人公というよりは、明確な主役がいないという意味で全員が主人公と考えた方が正しいかもしれない


大雑事なストーリーとしては、人間を魔族の支配から解放すべく大結界を打ち破るために、大結界を作っている五つコアを破壊して回る……という単純明快なストーリー。



EP8CwHqXkAAU8CK.jpg



行く先々で問題を解決したり、船を解放することによって一気に行動範囲が広がり大量のサブイベントが発生したり、更に船が飛べるようになって……と、古き良きRPGのまさに楽しい部分をきっちりと踏襲しています。


ストーリーの流れ自体も単純ですが、作中で探れる世界設定はしっかりと練られており色々と考察できる部分もありました。

地味に嬉しかったのは、本作任意で仲間にできる隠しキャラが三人ほどいるのですが、ちゃんと仲間になったキャラはその後のストーリーでも台詞があったりして細かく作られていたところ。
ちゃんとEDでエピローグがあります。

それらも含めて個性豊かなキャラクターたちがイキイキとしながら分かりやすく熱くなりやすいストーリーが展開されていくのは気持ちがよく、綺麗に纏まった純粋なファンタジーとして楽しむことが出来ました。




EPxv8RhUUAACgLh.jpg








・ゲームシステム
ターン性のRPG。好きなキャラにほぼ好きな武器を装備させる事ができ、それを使い込んでいくことで武器専用の技を戦闘中に閃いていくという、所謂閃きシステムが搭載された戦闘。
陣形もあり、陣形ギルドで好きなように弄る事も可能でたくさんいる仲間たちから最低限回復役や盾役などを決めて戦っていくことになります。

キャラ毎にステータスの違いや、決まった武器しか装備出来ない特殊なキャラなどはいますがやろうと思えばどんなキャラにもどんな事でもさせられるので自由度はかなり高い。

強い敵じゃないと技を閃かなかったり、戦闘後最大HPが上昇しなかったりと某RPGを意識したシステムが随所に練り込まれています。

戦闘テンポは凄まじくよく、倍速機能もあるのでサクサクと敵を倒していくのはかなり爽快。中々止められない。


更に特出すべき本作ならではのシステムにギルド連合というものがあります。

物語中盤で魔族たちに立ち向かう為人間たちが全員で協力し、主人公たちを支援するギルド連合を設立するのですが
これらのギルドメンバーは主人公たちが各地でスカウトして回ることになります。

スカウト出来るギルドメンバーを探すのが中々面白く、ただ街にいる名前ありのキャラに話しかけるだけのものから、条件を満たさないといけない者や、フィールドの隠しスポットでスカウト出来るキャラまで。種族も人間から妖魔、変な生き物まで多種多様。



EQASIGzUEAAMkjJ.jpg



スカウト出来るキャラも恐らく100は越えているのでこれらを探すだけでかなりの時間を使う事になります。

スカウトしたメンバーは諜報、鍛冶、図書、印術、戦術の五つの種類があるギルドにそれぞれ割り振り、ギルドレベルを上げることにより様々な恩恵があります。
五つのギルドはレベルを上げることにより装備や術を作れるようになるなったり、戦闘中に戦いをサポートしてくれるように。
どれも主人公の有利になる物ばかりで、こういうのも含めて全員で戦っている感が強い。

スカウトしたキャラは主人公たちが乗る船に搭乗員として存在しており、船の中を歩くと今までスカウトしたキャラたちが全員歩いていて話しかけられるというのもとても嬉しい要素。
移動中にギルドメンバー同士がチャットみたいな事をし始めるのも賑やかで楽しい

まさにモブ一人ひとりにも個性があり、話しかければスカウトした時の事をパッと思い出せるほど一人ひとりに愛着が湧きました



EP2Ydv7UwAAca3T.jpg




ゲームシステムや収集システムともに単純ながら奥深いという、遊びやすさ抜群な作りでついつい長時間熱中してしまいました




・総評
古き良き箇所をしっかりと抑え、それでいて今風に遊びやすく整えやり込み要素もしっかり揃えた良質なRPGです。

意識してかグラフィックも等身の低い可愛らしいものとなっているので、気軽に手を出すのにはもってこいです。
いわゆるスーファミ時代のRPGの雰囲気を現在で出す事に成功している稀有な作品です
あの雰囲気を狙って出せるっていうのは地味に凄い事だと思うので、当時のゲームが好きだっていう人は迷わず買いですね

プレイ中のワクワク感、終わりの名残惜しさはまさにRPG


HDリマスター版では詳細なチュートリアル等細かい追加点があるものの、殆どリメイク前の3DSと同じらしいのでどちらを買うかはお好みですね。


アライアンス・アライブ公式サイト

プロフィール

gameyarasero

Author:gameyarasero
ゲ―ムがやりたいだけなんだ

Twitter Sandarhime_2

最新コメント