記事一覧

ユグドラ・ユニオンやりました【可愛い顔して下の方はすっかり詰将棋だな?】

ESkiz1SUMAEoJPP.jpg
STINGからゲームボーイアドバンスで発売し、PSPやスマホに移植。そして今年三月にswitchにて配信されたSRPG
ユグドラ・ユニオンです。




(スマホ版 1840円)
(switch版 1980円)


名前だけはちょくちょく耳にしてたタイトルでした







・メインシナリオ
大陸の中央に位置する豊かな国、ファンタジア王国。
平和な国はブロンキア王国の皇帝ガルカーサの軍の襲撃を受け王都は陥落、王も殺され民は蹂躙されてしまいました。

ファンタジア王国の王女ユグドラは王都から生き延び、追っ手から逃げる途中に盗賊王ミラノという男に助けられる。
帝国軍に蹂躙され住むアジトを失ったミラノは城の所有権を褒美にユグドラの王都奪還を手伝う事に。


悪の帝国とそれに抗う聖剣を携えた王女とその解放軍。というオーソドックスなあらすじです。
盗賊であるミラノもそれに付き従っていくうちに、王女の人柄に惚れ始める……という単純明快なストーリー


と、見せかけて本作はちゃんと戦争という物の惨酷さを濁さずに取り扱っています

敵も味方もサクっと死ぬのは勿論、戦い勝ち進んでいく描写もとても丁寧で、策や地形、潜入などなどを駆使し数で劣る王国が帝国に勝利していく事に説得力を持たせています。

ストーリー後半からは王都も取返し帝国へ乗り込んで戦争に終止符を打とうとするわけですが、今度は帝国の民から侵略者呼ばわりされるハメに。
敵側のドラマもしっかりと見せてくれるので、どちらも正義という戦争の様子が表されていました。民は向かってきたのでころされました。

戦争のさなか出会う敵達はどれも立ち絵がしっかり用意され、キャラクター的にも魅力的な者ばかりなのですが
本作そういったネームドのキャラを仲間に引き入れるような事は当然の様に不可能で、ガンガン切り伏せて命を奪っていきます。

なんなら敵の方がカッコイイカワイイというキャラが多い。
正直言ってしまうと味方側のキャラはメインキャラの三人以外あまり口を開かないので味方の魅力が薄いという問題が、
魅力ある敵を退場させていくのも勿体ないという気持ちが先行してしまいました。


そんな戦争の惨さを正面から描いた作品ですが、戦争モノとしては抑える所は抑えており、王道ファンタジー的に物語も進んでいくので話に付いて行くのは容易かと思いました。




・ゲームシステム
とりあえずは一見普通のSRPGですが、かなりシステムが複雑です。


ESkk1BSUMAA_-rn.jpg



まず出撃準備画面でカードなるものを選択します
このカードには攻撃力、スキル、移動力が設定されており、ターンの開始時に持ってきたカードの中から一枚選択します。

選択したカードの攻撃力の数字はそのままこのターンの自軍の攻撃力を表した値。戦闘に勝利するとちょっとずつ強くなっていく
スキルはその名の通りカード毎に設定された、戦闘中に発動できるスキルの効果。
移動力はそのターンにユニットを動かせるマスの数。となっています。

上二つはともかく、移動力が曲者で全ユニットで移動力が共有されています

たとえば一人のユニットにカードに書かれている分の数移動させると、他のキャラを動かす移動力が残っていないのでそれで移動は終わりとなります。

移動力はカード毎にまちまちで、一つのステージにつき持っていけるカードの枚数も決まっていて、カードを使い切るとゲームオーバーとなるので終始詰将棋的な戦い方をさせられます

無駄な行動がほぼ出来ず、敵や複雑なマップの構造に苦戦し過ぎて殲滅が遅れるとカードが尽きて敗北。
装備アイテムは装備し続けると壊れて使えなくなり、なんなら戦闘で減ったHPはステージを跨いでも自動回復せず、出撃させないで休ませるかアイテムを使わないと回復しないという物もあり、とにかくリソースの管理に全力をかけるゲームになっています。

ここに更に初見殺し的な配置も多く、効率的な動きをして攻略するためには試行回数を重ねる必要が出てきます。
面白いっちゃ面白いんですけど、それと同じくらい面倒くさい。万人受けなんてクソ喰らえと言わんばかりのシステムとなっています。



カードシステムのインパクトに隠れがちですが、ユニオンのタイトル通りこのゲームの肝は陣形を組んで味方ユニットと連携するシステムで
男女で異なる陣形の範囲内に味方ユニットがいると敵との戦闘時に味方が続いて戦闘に入るという物。

陣形内に三人味方がいればその分攻撃可能で、攻撃を仕掛けられるのは一ターンに一度だけですが陣形を駆使すると最大で五回まで戦闘を行えます。

敵も同じく陣形を使って連携をしてくるので、複数対複数で一気に戦闘を行い、たくさん勝利すればその分一気に敵ユニットが減る気持ちいいシーンも

敵のAIも良く陣形に味方を収めて連携攻撃を仕掛けてくるので、ユニットの進み方を間違えれば複数人に一人が囲んでボコボコにされてしまう事も難易度が高い所以。
一度に連戦を重ねると連戦ペナルティで不利になっていくので、常に固まって陣形を崩さないように進軍していくのが大事になってきます。

SRPGの面白さの一つにこういう陣形を崩さず進軍していく、という物があると思っているのでこのユニオンシステム自体は結構好きでした
まぁ最終的には連戦ペナルティが気にならないくらい強い二、三人のユニットで突っ込んで無双すれば大体どうにかなるようになっていくんですけどね(SRPGのさだめ)


ESpTl2nU0AA5yUD.jpg


私がプレイしたのはswitch版なのですが、戦闘の五倍速が可能でロードも短く快適だったのででした。
これ無しでプレイしろって言われたら吐いてたと思います。

ちなみに一度敗北してリトライすると敵の強さが各段に落ち、稼いだ経験値も引き継がれるようなので詰まないようにはなっています。






・総評
可愛いグラフィックに見せかけてストーリーもシステムもエグすぎるSRPGです。
ミラノくんは強いけど斧のデザインがえっちじゃないのでだめ

プロフィール

gameyarasero

Author:gameyarasero
ゲ―ムがやりたいだけなんだ

Twitter Sandarhime_2

最新コメント