記事一覧

真・三國無双8やりました

DVfeUKhVoAApgzQ.jpg
人気無双ゲー三國無双の新作です。無双系のゲームは大好物です
今作はなんとオープンワールド
正直死ぬほど不安でたまらなかったんですが、意外となんとかなってました
とはいう物の、ガチガチのオープンワールドというよりは雰囲気だけオープンワールドっぽくした感じで
普段の無双だと小さいステージで行ったり来たり、端から端まで三十秒も無いステージを伝令兵なんかが駆け回ってるという、今でさえ違和感は無くなってますがよく考えたらシュールな戦いの光景。

しかし今作はオープンワールドという事もあり、三国志の舞台になった中国の殆どが戦いの舞台となり、戦争という設定にリアリティが出てきました。

武将たちは世界各地に散らばって戦っており、一斉に勝ったり負けたりが進んでいきます。
プレイヤーはこの広い世界を走り回って各地で戦果を挙げて敵を追い詰めていくわけですが、気になるのは移動にかかる時間
普段の無双ゲーですら移動時間は結構なストレスになります。それがオープンワールドともなったら更に酷くなるのでは?

と思いきや、今作ではかなり細かくスキップトラベルが可能で、行ったことのある場所か、行ったことがなくても自軍の陣地であれば関係無くトラベルが可能と、かなりの親切仕様。
これにより、歴代の無双ゲーで最も移動時間が少ない無双ゲーとなりました。

それでも少なからず移動時間はありますが、条件を満たせば購入可能になる赤兎馬を購入すればとんでもない移動力を手に入れることができます。



オープンワールドの部分は問題ないとして肝心なのはゲーム部分。
今作では操作が一新され、トリガーアクションなるものが追加されました。

今までの様に弱攻撃のコンボ中に強硬撃のボタンを押すと技がポンと出るようなものではなく
敵の状態によってそれ特有のコンボが発動するようになります。
つまりは、ダウン中の敵にはダウン連コンボ。気絶中の敵には気絶追撃コンボが出ます。

とにかくコンボを強要される為、
強い技を脳死で連打するようなプレイが出来なくなったので操作が複雑に感じ慣れるまでが大変でした

次にストーリー。今作は操作キャラ全員にシナリオが用意されています
とはいえ大筋は歴史をなぞって進んでいき、ifシナリオは廃止されていたので
活躍している時代の短い武将なんかは短いシナリオとなっています。

それでも各キャラにファンが付いている三國無双においては結構なボリュームでした。



最後に無双ゲーにおいて一番気になる点、敵のわらわら感です。

DVj9QQyUQAEXCl-.jpg


結論から言うと数だけは過去最高レベルで、バンバン倒していく事が出来ます。
ただ問題は今作の操作がコンボを軸に置いたものなので、雑魚が固まっている所に強い技をぶち込んだりみたいな事がやりにくく、イマイチわらわらと湧いている敵を殲滅している感じは出ませんでした。
これはあれですね、一対一の戦いで活きるシステムでした。


とはいえ無双の新作としては上手く作ることが出来たゲームだと思うので、とりあえず触って確かめてみよう!

どうでもいいんですけど記事を書くのが遅れたのはDLC待ちをしていた所為です

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com 同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

プロフィール

gameyarasero

Author:gameyarasero
ゲ―ムがやりたいだけなんだ

Twitter Sandarhime_2

最新コメント