記事一覧

北斗が如くやりました【北斗のアクションゲームとしては百点満点だが……】

Dxr0KoBV4AMMCOC.jpg

北斗の拳と龍が如くを合体させたゲーム、北斗が如くです。




その名の通り、セガの龍が如くスタジオが北斗の拳の龍が如くっぽいゲームを作ったという内容で
龍が如くらしいアクションやシナリオ、アホみたいなサイドクエストが目白押しです

龍が如くのノリと北斗の拳って合わないのでは?と言われても実際そこまで合ってなかったんですけど、なんか意外と合ってるような錯覚が起きます。
そんなゲームです


・メインシナリオ

ケンシロウがシンを倒した後に、エデンという食料も資源も豊富にある奇跡の町にユリアがいると聞いたケンシロウがその町に向かうというオリジナルのifシナリオです。

そこでオリジナルキャラと親交を深めたり拳を交えたり、シン撃破後に出てくる強敵たちもしっかり登場します。


シナリオ内容としては、正直めちゃくちゃ薄いし浅いです。

プレイ時間で見ると長いんですけど、その大半がお使いを通り越したタライ回しで、何かをするためにどこかに向かったらそこでも何かが起きているのでどうにかする為にミニゲームをやらされる。みたいな事は多いです。

シナリオ自体は簡素で一直線に進めば一瞬で終わるだろうに、中々話が進まない……といった状況が多い印象でした。

肝心の内容ですが、北斗の拳と龍が如くの熱さと分かりやすさをしっかりと見せている反面、北斗の拳の雑さと龍が如くの雑も兼ね備えてしまったという混ぜ合わせたというより肩車してるみたいな内容。

北斗の拳キャラクターの描写はしっかりとしていて、それによりケンシロウ、マジでバットとリンがいないとコミュ力死んでるな……となる微笑ましい展開が多め。


DzRvhpMVAAEDGUA.jpg



サイドクエストも如くらしくアホギャグシナリオが多めですが、これがまたあたり外れがデカい。

面白いサイドクエのシナリオは本当に面白いんですけど、面白くないのは完全に虚無。
サイドクエストの発生条件が面倒くさいものが多く、面倒な過程を終えた先に無のシナリオを読まされた時の脱力感は言葉にできないほど

DzRutcNUcAE3Aa5.jpg



・ゲームシステム
如くおなじみ、簡単操作で色々なコンボが出来るアクションゲーム。

最初の低レベルな状態ではただのキックが強いカタギおじさん程度の動きしかしないケンシロウですが
技を覚えていくにつれ、跳んだり跳ねたり浮遊したりと北斗らしいアクションが増えwelcome to this crazy time このイカれた時代にようこそが出来ます

正直このアクションの爽快さは今までの北斗ゲーの中でも最高峰で、好きなようにケンシロウを動かしてモヒカンをボコボコにしていく快感を楽しむ事が出来ます。

ただちょっとモヒカンに後ろからどつかれるとすぐにスッ転ぶケンシロウはちょっとマヌケです。敵からの攻撃はかなり激しい方ですからね


後は全体的にひたすら連打を要求してくる
ケンシロウの代名詞といえば北斗百裂拳という事もあり、技を発動するたびにプレイヤーにも連打を強いてきます。

戦闘中は基本雑魚モヒカンだろうとなんだろうとヒートアクション、つまりは北斗神拳をバンバン大盤振る舞いして戦っていくのが主流で、この北斗神拳の種類はとても多い。その色々な北斗神拳ごとに人間が反応するには割と厳しい難易度のQTEが発生したり、連打させたりと忙しい。
この連打、ミニゲーム中でもちょくちょく要求してくるので右手がぶっ壊れます。壊れました。

一応オプションからQTEオフに出来ますが、威力がちょっと下がるというデメリットがあるのでオススメ出来ません。右手を取るかプレイを取るか。

DzQ9ySTVsAEnRhv.jpg


・総評

北斗のアクションゲームとしては百点満点ですが、全体的にメインシナリオのたらい回しパートとサイドクエストの虚無シナリオの割合がまさっており、どう考えても濃い味付けになりそうなコンセプトの作品が引き延ばされた結果薄味なゲームになってしまった。という惜しいゲーム

良くも悪くも龍が如くだぁ。ただ如くも北斗も好きな人は買って損は無いと思います



北斗が如く公式サイト

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite 同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite