記事一覧

RXN-雷神-やりました【同じステージを周回してレベル上げ前提のSTGモドキ】

D7ylI2zVsAABkHl.jpg
株式会社ガルチ開発で、面白法人カヤックから配信されたDL専用ゲーム、RXN-雷神-です。
いわゆるシューティングゲームで、縦スクロールとなっています。





公式サイトに現在の新しいシューティンゲームのカタチを確立する事を目指していると大きく出ており、それ故に色々と挑戦的なシステムが目白押しのゲーム。
こんなの面白くなるに決まってるだろうなぁ……クソゲーでした。
こんなに面白くないシューティングゲームなんて見た事ない。

新たなる刺客からニンテンドーポイントを握らされ、「RXNをやれ」と脅されました……


ある意味新しいシューティングゲームのカタチを確立してしまったので、きっと目的は達成された事でしょう。どっちかっていうと孤立ですけど



・メインシナリオ
最後までクリアしましたが、ちょっと意味がよく分からなかったまでとりあえずまずは公式サイトのストーリー説明文を載せます。


人類を超越した少女「ユナ」が正しい基底世界を選択し、再び世界の営みを⼈間に回帰させて数百年。
「ユナ」の世界への干渉は緩やかになり、彼女は"神"的存在となった。
世界は政府軍と、軍をも傘下に収める企業組織 「丙組」 ひのえぐみに統治され、小さな問題を孕みつつも平和な時代が続いていた。
日常は突然崩壊する。
かつてユナが基底世界の選択の為に作った並行世界と繋がる扉『 儀 ぎの観測点』から、
生物とも機械とも判断できない存在が溢れ出し人類を襲い始めていた。
人類はその存在を敵対勢力と認定、「ウルカ」と呼称した。
人類の危機を事前に察知していた 丙組 ひのえぐみは極秘裏に新型兵器「RXNシリーズ」の開発を進めていた。
このままウルカによって 儀 ぎの観測点が開き続けると全ての並行世界が1つになり世界は滅亡してしまう。
繋がりかけた並行世界を正常化させる為にRXNに乗る若き搭乗者達の戦いが、今……始まる。



なんだか壮大ですね、今初めてこういうストーリーだって事が分かりました。
ちょくちょく敵勢力の事をウルカ、と呼称している事だけは辛うじて分かるんですけど、その他の事に関してはゲーム中一切説明されません。

一応匂わすような事は言っていたので、公式の文章を見て初めてそういう事だったのかも……と分かる部分はありましたが
正直会話内容がチグハグで成り立っていないシーンばかりでよく分かりません。

もしかして翻訳がおかしいのかな?と思いましたが、ガルチさんも面白法人さんも日本の会社でした。

ゲームの進行はステージ選択式で、選んだステージでちょっとした会話を挟んで次のステージへ行く流れが続くのですが
本当にちょっとした事しか話さないステージが半分以上を占めている

「○○が出現した!向かってくれ!」「了解、今から向かいます!」と言う会話しかしないステージは五個や六個じゃ済まないレベル。
後は殆ど雑談で、たまーに敵の知的生命体と問答をするシーンくらいしか見どころがありません。

そもそもその敵がどういった理由で怒ってるのかとか、何をしたら勝利なのかがよく分からず、何も分からないまま短いステージをぽんぽんクリアさせられます。

まぁ自分は三人いる主人公のうち一人でしかクリアしていないので、もしかしたら別のキャラクターではもう少し掘り下げがあるかもしれませんが……


それにしても話の流れが雑で、重要キャラが(恐らく)死亡したシーンや会話可能な人型の敵?が激昂してるシーン等があるのですが、どれも唐突というかなんでそうなったのかの理由がふわふわとしていて付いていけませんでした。

会話も全てステージ攻略中か敵を倒し終わって静かになったシーンで発生し、前者だとシューティング中に会話なんかに集中できるはずがなく、後者はスキップ不可でシューティング中に喋っていた話の続きを話しだしてて何の話……?となってしまうので邪魔で仕方がない。
せめてADVパートとか作るべきじゃないかな……って

後は分岐したサブステージのような場所でちょっとしたキャラの掘り下げがあったりはまぁよかったんですけど、
分岐の条件とかが一切なく、任意で選択すれば好きなだけ別ルートのステージを攻略できます。

途中まではまぁ別にいいんですけど、最終的に主人公生存ルートと未帰還ルートを選べるのですがこれも完全に任意なので態々分けて作った意味がよう分からない。
内容に大きな違いも無く、生還出来た……というか仲間たちと連絡が取れた理由の説明なども一切ないので一体何がなんなんだ……と思う事しか出来ませんでした。


キャラクターの設定や性格はとても凝っているのは良いと思いました。ゲーム中にその設定は活かされませんし説明も殆どされませんけど




・ゲームシステム
無難なよくある縦シューティング……と思いきやそれだけで満足しなかったのか余計な要素がふんだんに盛り込まれています。



D70DbJ9UYAAZ0Ar.jpg




まず自機はLIFE制で、被弾しても時間がたつと回復していくという仕様。回復量こそ普通ですが、これにより実質的には何発喰らっても死ぬことはないというシステム。
ライフは三ゲージに表示が分かれており、一ゲージ分を使うといわゆるボムが使えます。
更に敵に攻撃を何度も当て続けるとパワーが溜まっていき、自機のショットがパワーアップします。


ここまではまぁ普通のSTG。問題はここから
なんと本作、シューティングゲームにあるまじき経験値取得によるレベル制度を採用しており、敵を倒したりして手に入るアイテムを経験値として集めると使っている機体のレベルが上がり、ステータスが強化されていきます。


D70DOVRU0AEtjiw.jpg



具体的にどういった強化をされているのかは分かりませんが、確実に分かるのは火力面の強化。
レベルが上がれば上がる程ゲームの攻略は楽になっていくのでは?決してそんな事はありません。

このゲーム、どんなに上手にプレイしてもレベルを上げないとまともに敵を撃破出来ないバランス調整になっているようで、レベルを上げる為に前のステージに戻って経験値を稼ぐ作業を長時間やらされます。
レベルを上げずに進んでいった場合本当に雑魚一匹撃破するのも難しくなり、画面を埋め尽くす雑魚たちにより一瞬で消し炭にされてしまいます。
逆にレベルを上げると一気に火力がアップし雑魚をポンポン倒せるようになるのですが、ボスも一瞬で撃破出来るようになるため、ボスが激しく攻撃をし始める前にクリア出来てしまいます。推奨レベルとかも分からないので……。

ちなみにステージごとに機体をチェンジ出来るのですが、当然機体ごとにレベルを上げないといけないので、終盤ステージで育ってない機体を使おうものなら一瞬で消されますよ



D7zAd3fUcAAuErW.jpg






後はUIがゴチャゴチャして見辛く、出てくるアイテムの色と敵弾が似てたり
画面右下の表示が邪魔だったり、パワーアップ時に画面が揺れたりと基本的にSTGの基礎的なUIが出来ていないように感じました。

ちなみに自機のショットは三種類に分かれており、ショットの種類によって機体が人型になったり飛行型になったりと可変するのは良いアイデアだったと思います。小さくて見えませんけど。
ロボデザインとキャラデザインも良いですね。


・総評
これはきっと画期的だ!と思い付いて導入したシステムが思い切り空回りしてすべての元凶となってしまったゲームです。

本当にこのレベル制度が全て悪い。王道が如何にして王道と呼ばれるかとかナンタラ……というのがよく分かりましたね。




RXN-雷神-公式サイト


筆者の欲しい物リスト